鶴亀松公園 | 麻生区公園探訪

鶴亀松公園

鶴亀松公園

鶴亀松公園というなんとなくめでたい感じの公園には大型遊具がどーんと。
滑りがかなり厳しいローラーコースター、草原を這うループ、アポロ風なネットと飽きさせない公園です。
大型遊具は宝くじの普及宣伝事業として整備されたもので感謝感謝

鶴亀松公園

 

鶴亀松公園

 

鶴亀松公園

 

鶴亀松公園

 

鶴亀松公園

 

鶴亀松公園

 

鶴亀松公園

 

鶴亀松公園

 

鶴亀松公園

 

鶴亀松公園



鶴亀松公園

ここはかつて鎌倉街道の小高い尾根道だった。
そびえ立つ鶴松と地を這う亀松とが相生い、樹齢およそ200年。
弘法松と並び称される名松だった。
絵男末期、幕府代官江川太郎左衛門が殊の他これを愛賞し、鶴亀松と命名した。
惜しいことに昭和16年秋の颱風により、その天寿を終った。
当時の素晴らしい風光をしのび、鶴亀松公園と名づけた。(公園案内版から)

上麻生の由来
上麻生と下麻生はもと一つの村で、中世には麻生郷と呼ばれていました。江戸時代初期の『武蔵田園簿』によってはじめて上・下麻生の二村に分かれたことがわかります。
(小田急小田原線・多摩線の周辺における住居表示に伴う町名と町の変化に関する調査研究から)

update: 2017年3月30日2:33 am