葉積の風公園 | 麻生区公園探訪

葉積の風公園

葉積の風公園葉積の風公園です

葉積の風公園風を感じる公園でしょうか

葉積の風公園目玉はこの複合遊具城壁版です

葉積の風公園スプリング遊具は馬とブルドーザーです

葉積の風公園

葉積の風公園



葉積の風公園

葉積の由来
旧片平の字葉積、日向、中村通、仲町にあたる地域で、昭和五十七年に区画整理がほぼ終り、住居表示が実施されました。葉積は、一丁目の地域にあたります。文禄三年(一五九四)の水帳や『風土記稿』には「はつみ」と書かれています。「端詰」を意味する地名とも考えられます。天保七年(一八三六)の村絵図には、麻生川が片平村に入る所に「ハツミ堰」があります。堰の付近一帯は「赤せき」とも呼ばれていました。現在、区画整理された住宅の一角に造られている葉積緑地に葉積の名称が残っています。
(小田急小田原線・多摩線の周辺における住居表示に伴う町名と町の変化に関する調査研究から)

update: 2017年5月31日11:12 pm