籠口ノ池公園 | 麻生区公園探訪

籠口ノ池公園

籠口ノ池公園籠口ノ池公園です

籠口ノ池公園籠口の池がメインの公園で

籠口ノ池公園池の周りにはしっかりと観光地ポイントがあります

籠口ノ池公園遊具エリアも何カ所もありますが

籠口ノ池公園ここがメインの遊具エリアで

籠口ノ池公園ブランコの他ジャングルジムもあります

籠口ノ池公園もう一つの遊具エリアはブランコのみです

籠口ノ池公園

籠口ノ池公園



籠口の池と白蛇伝説
籠口の池は、下麻生村の耕地をうるおすため池であった。この池には二代将軍徳川秀忠の婦人お江与の方が亡くなった後に、白蛇に化身し、闇夜に水を飲みに来たという伝説がある(川崎歴史ガイドより)

籠口ノ池公園

籠口池について
籠口池は江戸時代初期に作られた灌漑用の溜池でした。また、この地の西は字花島で、保育園のあたりはフクベ谷と呼ばれ、ここにもひょうたん型をしたフクベ池があり、灌漑用に利用されていました。花島は、村の北の端(鼻)を意味する地名と思われます。
(小田急小田原線・多摩線の周辺における住居表示に伴う町名と町の変化に関する調査研究から)

update: 2017年6月2日3:07 pm