白鳥けやきポケットパーク | 麻生区公園探訪

白鳥けやきポケットパーク

白鳥けやきポケットパーク白鳥けやきポケットパークです

白鳥けやきポケットパークこのポケットパークには高いベンチもあります

白鳥けやきポケットパークこれがそのベンチです

白鳥けやきポケットパーク



白鳥けやきポケットパーク

白鳥の由来
片平村の鎮守である白鳥神社が、現在の白鳥2丁目にあり、この神社から白鳥の町名が生まれました。
白鳥神社は、ヤマトタケルノミコトが、祭神(=神社にまつられている神様)となっています。「古事記」によると、ヤマトタケルノミコトは、東国遠征を終わって故郷へ帰る際、名古屋の付近で病気になり、伊勢のノボノという所で亡くなります。その時、魂が白い大鳥(おおとり)となってふるさとの大和に向かって飛び去ったということです。
この伝えから、白鳥は、ヤマトタケルノミコトのシンボルとされ、ミコトを祀(まつ)った神社に白鳥の名がつけられたのです。
(やさしい川崎の地名)

update: 2017年8月13日11:44 pm

麻生区公園探訪